» 未分類のブログ記事

なぜ保湿ケアが大切なのか

| 未分類 |

白い美しい肌を保つためには、日常的にしっかりと保湿をすることが重要です。美白スキンケアをしていると、ついつい保湿の重要性を忘れがちになりますが、これをきちんと行わないと、美白についても効果が得にくくなってしまいます。
なぜ、美白のスキンケアにおいて保湿が重要であるかたというと、それは乾燥してダメージを受けた肌は、紫外線による刺激を受けやすくなっているからです。保湿をして肌を正常な状態に保つことで、紫外線の吸収を抑え、乾燥を原因とする肌トラブルやニキビ、さらにニキビ跡が色素沈着するのを未然に防ぐことができます。また、乾燥した肌は表皮層の水分が失われ、角質がはがれにくくなり、厚くなってしまいます。その状態では、スキンケアを行っても成分が肌に浸透せず、化粧品の有効成分の効果も得ることができません。そこで、美白ケアと並行して保湿ケアも行なうことで、乾燥から起こる肌のトラブルを防ぎ、効率よく美白ケアを行なうことができます。両者を並行して行なうには、2つの効果を兼ね備えた化粧品を使用するのが良いでしょう。特に、セラミド、アルギニン、コラーゲン、ヒアルロン酸といった成分が豊富に含まれている化粧品は、肌にうるおい与えてくれるとされています。

脱毛後にはケアを忘れずに

| 未分類 |

エステや脱毛サロンでフラッシュ脱毛を受けた後の肌は敏感になっていますから、通常よりも肌トラブルが起きやすくなっています。
サロンではそれを防ぐため、脱毛後にヒアルロン酸などの美容成分をたっぷり含んだローションを塗って、肌にうるおいを与えてくれるので、乾燥を防ぐことが出来ますし、ぷるぷるしたお肌になれます。
しかしその状態はずっとは続かないので、帰宅後も自分でお手入れし、肌を乾燥させないようにしなければなりません。
もし帰宅後も肌が腫れているような状態なら、冷たい氷水や保冷材などで冷やせば治まりますし、たとえ腫れていなくても、保湿ケアを忘れずに行う必要があります。
お肌が乾燥すると、湿疹や吹き出物などの肌トラブルが起きやすくなるので、保湿成分がたっぷり入った美容ローションや美容液を塗るなどの方法で対処するようにしましょう。
これは自宅にあるものを使ってもよいですし、サロンによっては軟膏やクリームを渡されることがあるので、それを使うようにしてください。
またダメージ肌には紫外線は大敵なので、外出時には日焼け止めクリームを塗るようにし、脱毛した部位を温めないことも大切です。
熱いシャワーや湯船、こたつや床暖房なども、脱毛後しばらくは控えるようにしましょう。

家庭用脱毛器のメリットはそのコストパフォーマンスの高さです。本体の購入にかかる費用はカートリッジだけであり、エステやクリニックを利用するよりも安く脱毛を行えます。性能も高く、エステと同じ程度の出力まで出せるため、繰り返し利用することでほぼ自己処理が不要になります。
自宅で好きなときに処理を行える手軽さもメリットになります。利用のたびに予約を入れる必要はなく、少しの時間でも有効に使えます。デリケートゾーンなど、他の人に見られたくない部分も自分で脱毛もできます。
家庭用脱毛器は、エステやクリニックと比べると脱毛と比べると確実性が落ちるのがデメリットになります。自分で出力を調整するため、痛みを抑え、安全に利用しようとして出力を下げ過ぎると効果が出にくくなり、脱毛にかかる期間が長期化します。何度処理しても効果が得られない場合、エステやクリニックを利用した方が良いです。
皮膚トラブルが起きたときに自分で対処しなければならないのもデメリットです。クリニックであればその場で治療でき、エステでもクリニックと提携して素早い対処ができるようにしていることがありますが、自宅ではそれができません。そのため、トラブルが起きないように使用方法を守って安全な利用を心がける必要があります。

自己処理の注意点

| 未分類 |

一見簡単そうに見えるカミソリや毛抜き、除毛クリームなどを使ってのムダ毛の自己処理には、気をつけることがたくさんあります。
例えばカミソリを使った場合、カミソリの刃により皮膚の表面に薄い傷を付けてしまうので、そこから雑菌が入り炎症を起こすリスクがあります。何度か炎症を繰り返していると、肌がごわごわになってしまったり、傷が治っても色素沈着を起こし肌が黒ずんで汚くなることもあります。
毛抜きを使うと同じく雑菌が入り炎症を起こしたり、無理に毛を抜くと言う行為を繰り返すうちに、毛穴が開いたまま閉じなくなり盛り上がってボツボツが目立つ肌になることもあるので注意が必要です。また、抜いた後に生えてくる毛が肌の表面から出られなくなり埋没毛になってしまう危険性があり、 皮膚を傷つけて埋もれた毛を引き出さなければいけないと言う事にもなりかねません。
ですので、カミソリや毛抜きを使う場合は、衛生面に十分気を配る必要があります。埋もれ毛を作らない為には毛抜きをやめてなるべく電気シェーバーを使うようにすると良いでしょう。必ずシェービングフォームを使い肌を保護しながら自己処理をすることが大切です。
除毛クリームは、ムダ毛を溶かす脱毛方法ですので痛みはありませんが、毛を溶かすのに必要な刺激の強い成分が含まれています。皮膚の弱い人は肌荒れを起こすリスクが高いので、使用を控えるか低刺激の物を使うようにしましょう。

脱毛を安く済ませたい場合

| 未分類 |

脱毛を安く済ませたい方には、手作りの豆乳ローションやワックスがおすすめです。
豆乳ローションは、気になる部分に塗るだけで、ムダ毛を抑える効果があるとして今人気です。またそれだけではなく美白効果や体臭予防効果もあるので、女性にはおすすめのものです。
作り方はとても簡単です。材料は無調整豆乳、レモン、消毒用エタノールのみです。
作った豆乳ローションは、お風呂上がりに塗ると効果的です。使用していくうちに徐々に毛穴が目立たなくなったり、ムダ毛が少なくなるなど、個人差はありますが、効果を実感することができます。
またより効果的に使用したい場合には、ワックス脱毛をしたあとに豆乳ローションを塗る方法です。
もともとワックス脱毛を続けていると、毛が細くなったり、少なくなると言われていますが、それに豆乳をプラスすることでより毛が薄くなる可能性が高くなります。
大豆に含まれているイソフラボンには、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするので、細くて弱々しい毛になると考えられています。
ただワックスもローションも、除毛というよりは、減毛する方法なので、毛がなくなるわけではありません。また即効性があるわけではないので、注意が必要です。

エステ脱毛を解説

| 未分類 |

最近、何かと目にするようになってきたエステ脱毛の広告ですが、そこには、一昔前では考えられないほどの低価格が表示されていることも珍しくはなくなっており、女性に取ってはこの上なく厄介なお手入れであれムダ毛の処理が、とてもリーズナブルなコストで受けられるようになってきたと喜ぶ方も少なくはありません。今主流となっているエステ脱毛では、光脱毛法という施術が行われているのが一般的で、痛みもなければ、ある程度の範囲を一気に処理出来る機械なので、お手入れにもあまり時間がかからないなどメリットがたくさんあります。毛周期に合わせて施術を行うと、体毛の生えてくるもとである毛母細胞に影響を及ぼすことから、体毛の質がどんどんと弱り、細く薄い産毛のように目立たなくなっていきます。光脱毛はある程度体毛を目立たなくさせるまでは、お手入れを重ねる必要がありますが、この施術を受けるとお肌自体にも良い影響を及ぼすことが出き、くすみや黒ずみなどの色素沈着がなくなっていったり、ザラツキやかさつきがなくハリのある若々しい肌になったり、目立っていた毛穴も小さくなっていくといわれており、非常に美肌効果が高い脱毛ケアだといわれています。

医療脱毛を解説

| 未分類 |

医療脱毛とは、病院やクリニックなど医療機関で行う脱毛法です。
1980年代は、医療用の針を使用したニードル脱毛が行われていましたが、近年では医療用のレーザーを使用した医療レーザー脱毛が主流になっています。エステや脱毛サロンと比較しても、より出力の高いレーザーを使うことが可能なので、脱毛効果もそれに比例して非常に高くなるのが大きな特徴です。
医療レーザー脱毛は、一度に広い範囲の脱毛が可能なので、一本ずつ毛穴に針を刺し入れて微弱電流を流し、毛母細胞を破壊するニードル脱毛と比べると大幅に時間がかからなくなっています。また、痛みも一瞬輪ゴムで弾かれた程度の痛みを感じるだけなので、かなり楽に脱毛ができるようになりました。
レーザーがムダ毛の黒色メラニン色素にのみ反応するので、周辺の皮膚にダメージを与えることがなく、身体への負担がたいへん少ない脱毛法ですが、ごく稀に赤みや軽いやけどの症状が出るケースもあるので注意が必要です。しかし医療機関で行う医療脱毛ですので、万が一肌トラブルが起こった時でも、医師による治療が受けられ適切な薬が処方されるので、悪化するようなことはありません。
脱毛効果と安全性を考えると医療脱毛がおすすめです。

ムダ毛をなくすには

| 未分類 |

ムダ毛をなくす為には、クリニックや脱毛サロンで、脱毛の施術を受ける事が有効です。
それにより、今後、自己処理の必要のない綺麗な肌を手に入れる事が出来ます。
ただ、クリニックや脱毛サロンに通う以外にも、自己処理の必要のない綺麗な肌を手に入れる方法があります。
それが、脱毛サロンで採用されている光脱毛と同じ効果のある脱毛が出来る、家庭用脱毛器を使う方法です。
家庭用脱毛器の中には、機械に毛をからめて、引き抜いていくタイプのものもあります。
この場合、毛を引き抜いていくだけなので、何度処理をしても、ムダ毛が生えてこなくなるという事はありません。
毛が生えてこない状態にしたいと考えるのであれば、光脱毛が出来る家庭用脱毛器を選ぶ事が大切です。
毛を引き抜くタイプの家庭用脱毛器に比べ、光脱毛が出来るタイプの脱毛器は値段が高くなりますが、1台で全身脱毛も可能となるものもあります。
脱毛サロンでの全身脱毛が安くなってきたといっても、完了までに30万円前後は必要となってきます。
それを考えると、様々な部位に使える家庭用脱毛器は、必ずしも高いとは言い切れません。
現在は、ムダ毛をなくす事が出来る家庭用脱毛器も登場し、注目を集めています。

脱毛の方法は様々

| 未分類 |

ムダ毛処理に悩んでいる人の中で、脱毛サロンに興味を持つ人は多いと思います。施術をちゃんと完了させれば、ムダ毛の目立たないツルツルな肌になることができるためとても人気のある施術です。ただ、脱毛に関心を持つ人々のニーズに応えるために、脱毛サロン以外の脱毛方法も現在は増えています。
最近はブラジリアンワックスに興味を持つ人が増えつつあります。サロンの脱毛よりも安い費用でスピーディにツルツルな肌になれるのが魅力です。ただし、ブラジリアンワックスはムダ毛の再生組織にダメージを与えることはできないため、厳密には脱毛施術とはいえず、あくまで緊急時の手軽なムダ毛処理方法といえるでしょう。
家庭用脱毛器を購入して自分で脱毛していく方法もあります。プロの施術を受けるよりも費用的に安いので購入を考えている人も多いと思います。確かに便利ではあるものの、プロの施術に比べるとパワーが弱いため、なかなか満足できる効果を得られないというデメリットがあります。それでも自分のペースでコツコツと続けていけば少しずつ効果を実感することはできるでしょう。
脱毛サロンの施術に近い方法としてクリニックの医療レーザー脱毛も人気があります。サロンの施術に比べると痛みを感じやすいですが、パワーがあるので短期間で脱毛効果を実感しやすく、施術完了後は永続的な脱毛効果が期待できるといわれています。剛毛なムダ毛をできるだけ早く生えなくしたいと考えている方には特におすすめできる施術です。