医療脱毛を解説

| 未分類 |

医療脱毛とは、病院やクリニックなど医療機関で行う脱毛法です。
1980年代は、医療用の針を使用したニードル脱毛が行われていましたが、近年では医療用のレーザーを使用した医療レーザー脱毛が主流になっています。エステや脱毛サロンと比較しても、より出力の高いレーザーを使うことが可能なので、脱毛効果もそれに比例して非常に高くなるのが大きな特徴です。
医療レーザー脱毛は、一度に広い範囲の脱毛が可能なので、一本ずつ毛穴に針を刺し入れて微弱電流を流し、毛母細胞を破壊するニードル脱毛と比べると大幅に時間がかからなくなっています。また、痛みも一瞬輪ゴムで弾かれた程度の痛みを感じるだけなので、かなり楽に脱毛ができるようになりました。
レーザーがムダ毛の黒色メラニン色素にのみ反応するので、周辺の皮膚にダメージを与えることがなく、身体への負担がたいへん少ない脱毛法ですが、ごく稀に赤みや軽いやけどの症状が出るケースもあるので注意が必要です。しかし医療機関で行う医療脱毛ですので、万が一肌トラブルが起こった時でも、医師による治療が受けられ適切な薬が処方されるので、悪化するようなことはありません。
脱毛効果と安全性を考えると医療脱毛がおすすめです。