家庭用脱毛器のメリットはそのコストパフォーマンスの高さです。本体の購入にかかる費用はカートリッジだけであり、エステやクリニックを利用するよりも安く脱毛を行えます。性能も高く、エステと同じ程度の出力まで出せるため、繰り返し利用することでほぼ自己処理が不要になります。
自宅で好きなときに処理を行える手軽さもメリットになります。利用のたびに予約を入れる必要はなく、少しの時間でも有効に使えます。デリケートゾーンなど、他の人に見られたくない部分も自分で脱毛もできます。
家庭用脱毛器は、エステやクリニックと比べると脱毛と比べると確実性が落ちるのがデメリットになります。自分で出力を調整するため、痛みを抑え、安全に利用しようとして出力を下げ過ぎると効果が出にくくなり、脱毛にかかる期間が長期化します。何度処理しても効果が得られない場合、エステやクリニックを利用した方が良いです。
皮膚トラブルが起きたときに自分で対処しなければならないのもデメリットです。クリニックであればその場で治療でき、エステでもクリニックと提携して素早い対処ができるようにしていることがありますが、自宅ではそれができません。そのため、トラブルが起きないように使用方法を守って安全な利用を心がける必要があります。