自己処理の注意点

| 未分類 |

一見簡単そうに見えるカミソリや毛抜き、除毛クリームなどを使ってのムダ毛の自己処理には、気をつけることがたくさんあります。
例えばカミソリを使った場合、カミソリの刃により皮膚の表面に薄い傷を付けてしまうので、そこから雑菌が入り炎症を起こすリスクがあります。何度か炎症を繰り返していると、肌がごわごわになってしまったり、傷が治っても色素沈着を起こし肌が黒ずんで汚くなることもあります。
毛抜きを使うと同じく雑菌が入り炎症を起こしたり、無理に毛を抜くと言う行為を繰り返すうちに、毛穴が開いたまま閉じなくなり盛り上がってボツボツが目立つ肌になることもあるので注意が必要です。また、抜いた後に生えてくる毛が肌の表面から出られなくなり埋没毛になってしまう危険性があり、 皮膚を傷つけて埋もれた毛を引き出さなければいけないと言う事にもなりかねません。
ですので、カミソリや毛抜きを使う場合は、衛生面に十分気を配る必要があります。埋もれ毛を作らない為には毛抜きをやめてなるべく電気シェーバーを使うようにすると良いでしょう。必ずシェービングフォームを使い肌を保護しながら自己処理をすることが大切です。
除毛クリームは、ムダ毛を溶かす脱毛方法ですので痛みはありませんが、毛を溶かすのに必要な刺激の強い成分が含まれています。皮膚の弱い人は肌荒れを起こすリスクが高いので、使用を控えるか低刺激の物を使うようにしましょう。